catch-img

商品と一緒にメッセージを届けよう!パッケージングでブランド力アップ

ダイオーミウラ・通サポ編集部の端本です。

第28回は「ブランド力アップ! 段ボール箱の活用ノウハウ」をテーマにお送りします。通販企業様から、「ブランド力を強化したい」「配送箱にオリジナルデザインを施すべきかどうか」というご相談を多数いただきます。

CRMの現場から、通販ディレクターA氏とデザイン制作会社のS氏と共に、アップセルを成功させるための施策をご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.商品への期待を高める梱包資材
  2. 2.段ボール箱の活用事例
    1. 2.1.①開封時の体験を提供する
    2. 2.2.②捨てられる前提で掲載内容を考える
    3. 2.3.③再購入を促すことを考える
  3. 3.まとめ
  4. 4.筆者プロフィール
  5. 5.通サポの「3つの力」のサポート!


商品への期待を高める梱包資材

A氏:前回は梱包資材もCRMツールの一つとして、ブランディングに活用できるとご紹介しました。同梱物は読まずに捨てられてしまう可能性もありますが、商品を受け取る時や開封時に必ず目する段ボール箱は、ブランドイメージやメッセージを伝える打ってつけです。


S氏:プレゼントをもらう時、ギフトボックスが綺麗な包装紙やリボン、シールなどで飾り付けされていると、「中身は何だろう?」とワクワクする気持ちが生まれますよね。それと同じように段ボール箱のデザインが商品への期待値を高めることに繋がるのです。


A氏:過度なデザインをする必要はなく、段ボール箱の色を茶色から黒や白に変えるだけでも高級感を与えることができます。その他、会社名・ブランド名をデザインの一部として用いたり、見た目の印象で緩衝材を選ぶなど、さまざまな方法が考えられます。


S氏:これらは前号のブログで詳しく紹介していますので、ぜひ一度ご覧ください。それでは、今回も引き続き、段ボール箱の活用方法について、いくつか事例を挙げていきたいと思います。


  梱包資材でブランディング?パッケージデザインを通じたCRMのポイント 梱包資材でブランディング?パッケージデザインを通じたCRMのポイント 「通サポ」|ダイオーミウラの通販業フルサポートサービス



段ボール箱の活用事例

次からは段ボール箱のデザインや緩衝材に着目して、いくつか事例をご紹介していきたいと思います。


①開封時の体験を提供する

段ボール箱は顧客の目に必ず入ります。ポイントは、サプライズ感とともに開封体験を演出できる箱の「裏面」です。裏面のスペースで、顧客が商品の開封体験をするとともにブランドの雰囲気を伝えることができます。また、顧客が商品を使用する前に必ず伝えたいこと、知っておいてほしいことを掲載するのにも向いています。多くの情報を入れることはできませんが、ほんの一文追加するだけでも会社やブランドメッセージをお届けすることができます。

外装箱のメッセージで印象付けることで、同封物をじっくり読むモチベーションも一気にアップします

それ以外にも、顧客への挨拶、「あなたの美しさを末長く応援します」というようなブランドプロミスまたはコンセプトを載せても良いでしょう。商品への思いや開発ショートストーリー、商品説明、スタッフの写真やイラストなどの掲載も効果的です。




②捨てられる前提で掲載内容を考える

顧客は届いた商品だけでなく、梱包のあり方までも企業姿勢として見ています。

段ボール箱、梱包資材は、商品を開封後にほぼゴミとして捨てられてしまいますので、企業側は、できるだけゴミを出さない工夫伝える必要があります。これがブランドイメージにつながるからです。

外装箱はもちろん、クッション材や梱包資材の素材が容易に分別できるように各種素材のマークを入れて、廃棄処理の方法を伝えます。とりわけ食品や化粧品の通販ユーザーは、梱包材であれ、素材に敏感な方が多いといわれています。

顧客が手元に置いて何度も見返したいもの、例えば、商品の使い方を段ボール箱に掲載しては不便です。もし開封時に商品の説明や使い方を知ってほしいのなら、QRコードでこれらが載っているWebサイトへ誘導することも考えられます。「これで実感! 誰でもできる究極の使い方とは?」といった顧客の興味をそそるメッセージを掲載すると、尚良いでしょう。





③再購入を促すことを考える

前号のブログや①、②で挙げた方法が一般的ですが、最近はSDGsを重視し、「リメイク」を見越したデザインの段ボール箱も見られるようになりました。

猫砂などの猫用商品を販売している某企業では、商品を配送した後の段ボール箱をキャットタワーとして再利用できるように工夫しています。これはカッター等で少し手を加えて積み上げるだけでキャットタワーが完成するというもので、配送箱としての役目を終えた後も実用的かつ楽しく使えるようにすること再購入のきっかけ作っているです

この例以外にも、配送後の段ボール箱は収納ボックスや子どものおもちゃ箱、ゴミ箱、フリーマーケット出品時のディスプレイなど、さまざまな使い道があります。

リメイクできる段ボール箱を発送に使用しているからといって、購買意欲の喚起に直接繋がることは少ないかもしれません。しかし、配送後の再利用を考えた仕様により顧客満足度を上昇させることができれば、ファン化が進み、継続的な購入へと繋がるでしょう。

※キャットタワー 飼い猫のために室内に置く高い木登りを模した居場所






まとめ

段ボール箱などの梱包資材を上手く活用できれば、ブランドや商品のファン化を促し、継続的な購入に繋がる。社会的機運の高まりを背景に、パッケージングにおける廃棄を最小限に抑える工夫が企業姿勢のメッセージとなる。

パッケージは、良いメッセージとなるための開封体験を伝え、再購入につながるブランドイメージ醸成の一役を担う重要なアイテム。







筆者プロフィール

A氏
化粧品、健康食品通販メーカー、化粧品OEM企業に勤務を経て独立。20年にわたり事業計画、商品企画、新規獲得、CRM戦略、バックヤード設計・運用など通販事業の運営に必要なすべてのセクションに従事。独立後は化粧品、健康食品をはじめ多数の通販企業の立ち上げから事業支援による事業収益改善に携わる。

S氏
デザイン制作会社にて30年にわたりセールスプロモーションツールを制作。ここ15年は化粧品、健康食品をメインとした新規獲得やCRMの制作に携わる。




通サポの「3つの力」のサポート!

通サポでは、「3つの力」で通販企業の顧客分析と独自マーケティングによる販促企画から実行までトータルサポートしています。

ワンストップでご担当者の手間やコスト低減を支援します!

1.「提案力」確かな分析で施策を立案する

2.「デザイン力」顧客の心をつかむ紙面を作る

3.「サポート力」印刷や梱包までカバーする

「WEBはやってきたけど紙媒体のことはよく分からない」「代理店やコンサルは価格が高そうで相談しづらい」「社内のリソースが足りないから、すべてお願いしたい」とお困りの通販企業様に活用いただいております。

詳しくは以下の資料をダウンロードしてご確認ください。
どんな小さなことでも、ぜひお気軽にご相談ください。


  サービス概要の資料ダウンロード|【通サポ】 通サポのサービス概要をまとめた資料をダウンロードいただけるページです。通サポはこれまでに230社以上に選ばれている実績のあるサービスで、通販業界での販売促進をトータルでサポートしております。通販業界における様々な課題解決方法をご提案します。 「通サポ」|ダイオープリンティングの通販業フルサポートサービス


ダイオーミウラ|通サポ運営事務局部
ダイオーミウラ|通サポ運営事務局部
ダイオーミウラ株式会社 プリントソリューション事業部

販促からコスト削減まで、お気軽にご相談ください。
最適なプランをご提案いたします!

お電話でのお問い合わせはこちら
平日10:00~17:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
LTV向上のためのお役立ち資料は
こちらからダウンロードできます

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧