発送箱のコストダウンの導入事例
スキンケア商材通販会社様

発送箱の改定で発送費1件あたり200円以上も削減できた

有名スキンケア通販会社様
事業部:マーケティング部
業種:健康・美容等のダイレクトマーケティングビジネス開発事業
従業員数:約30名


課題①

発送費を削減したい。
課題②
発送箱の形状をネコポス規程のサイズにしたい。

導入の背景

発送箱の形状の関係で送料の負担が大きく、ネコポス規程のサイズに対応できる企業を探していた。

導入の決め手

問題点の洗い出しから素材・形状と設計を見直し、複数のサンプルを作成し提供してくれたため。

導入後の効果

ネコポス規定のサイズ・形状ともにクリアすることができ、発送費をおさえることができた。

導入の背景
発送箱が大きすぎるため、必要以上にコストが掛かり改善したい

商品箱のサイズに対して現状の発送箱は大きく発送費が掛かるので、なんとかネコポスでお送りできる規定サイズに変更し、なんとか発送費を削減できないかと悩んでました。また、自動梱包機を使用しているため、サイズをクリアするだけでなく自動梱包機に通せて、大きく作業性を損なわない形状にする必要があり数社に相談していたのですが、すべての会社から「サイズ変更はできない」といわれ困っていました。

導入の決め手
難題に対して敏速に対応し複数の試作品を用意してくれた

自動梱包機の仕様や箱の強度・商品の梱包における作業性などの課題を数社に相談しましたが、物理的にできないとの意見が多く正直あきらめかけておりました。ダイオープリンティングも多分無理なんだろうなという気持ちでお声がけしてみたのですが、早々に複数案のサンプルを作成してきてくれたのもあり、打ち合わせを重ねることにしました。作業性や自動梱包機の仕様的な部分、強度面などで課題も多かったのですが、各課題に対する回答をすぐに用意してきてくれました。そこからは、ロジや梱包機メーカーの方達と相談しながら、サンプル作成とテストを繰り返すことによって、目標であるネコポスの規定サイズをクリアすることができました。

導入後の効果
ネコポスでの発送を実現し発送費1件あたり200円以上の削減に貢献!

発送方法に関してようやく念願のネコポスへの切り替えることができ、発送費用を大幅に改善することができ、1件あたり200円以上も削減することができました。また、商品を固定する台紙もご提案いただき、商品の梱包の作業効率もアップすることができ大変満足しております。

ネコポスとはヤマト運輸が提供する配送サービスで、小さな荷物を宅急便レベルの翌日配達でポストに投函することができる。サイズは上限が角A4サイズ(縦31.2㎝以内・横22.8㎝以内)、下限は縦23㎝以上・横11.5㎝以上、厚さ:2.5cm以内、重さ:1Kg以内になります。

今後の展開

ネコポス以外の発送箱も対応してもらってます。ダイオープリンティングの対応力によって今回の案件で成果をだすことができたので、なにかあったらとりあえずお声掛けするようにしてます。最近では効率性やコスト削減・ブランディングに至るまで相談しています。

発送箱に関する資料はコチラからダウンロードが出来ます!

導入事例一覧

販促からコスト削減まで、お気軽にご相談ください。
最適なプランをご提案いたします!

お電話でのお問い合わせはこちら
平日10:00~17:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
LTV向上のためのお役立ち資料は
こちらからダウンロードできます